未分類

ミックスボイスの練習方法。 発声には喉や身体の脱力感が不可欠。

ミックスボイスとは別名ミドルボイスとも呼ばれており、地声と裏声の中間の声になります。
混ぜるという意味合いでミックスボイスと表現されており、このミックスボイスを手に入れることで
これまで弱弱しく歌っていた音域も力強い声で表現する事が可能になります。
練習方法①
練習方法をご紹介します。それは裏声と声帯閉鎖をマスターすることです。
ミックスボイスは声帯閉鎖を行い、息漏れを少なくすることで力強い声を生み出します。
発声には脱力感も大切です。
まず小さい声でもいいので声を出して見てください。
その状態で声帯閉鎖を行います。
声帯とは喉の奥にある二本の「ひだ」の事です。
声を出そうとする時にそのひだが接近し、振動する事で声となります。
裏声を出すとこのひだは大きく開いた状態となり弱弱しく聴こえ、息漏れも多くなっています。
そこでそのひだを接近させる必要があります。それが声帯閉鎖です。
声帯閉鎖の練習方法はまず息を「ふー」と吐きます。そのまま息を止めてみて下さい。
その息を止めた瞬間の感覚が声帯閉鎖の感覚になります。
声帯閉鎖の感覚が掴めたら、声を出しながら声帯閉鎖をする練習していきます。
この感覚を掴むことで息漏れの少ない、力強いミックスボイスが手に入ります。
但し、声帯へ負担が掛るためやり過ぎには十分注意して下さい。
ミックスボイスの練習方法②
高い声を出そうと意識すると、人は無意識に喉や身体に力が入ってしまいます。
本来歌うことに不必要な力が入ってるわけですから、通常の二倍以上の体力を
消耗しますし、なにより声が響きにくくなります。
ミックスボイスを手に入れる為には脱力感が不可欠です。
まず喉の脱力方法からご紹介します。
理想的な喉の形は「あくび」の状態です。
あくびは喉が拡張した状態になっており、喉を傷める心配がありません。
またあくびの動作を繰り返し行うことで、喉のストレッチにもなるので歌う前は必ず行いましょう。
そして続いて首、舌、肩のストレッチも行いましょう。
首のストレッチは右回し、右回し、前倒し、後倒しを行います。
舌、首、肩のストレッチも同様に上下左右に回していきます。
このストレッチはとても重要です。
筋肉が萎縮したままだと身体はしなやかに動いてくれません。
また猫背や姿勢が悪い状態のまま歌うと、無駄な力が入りやすくなります。
正しい姿勢を保ちながら、力を抜いて歌いましょう。
声帯は傷付き易く、とても繊細です。
一気に練習して早くうまくなりたいと焦る気持ちもあると思いますが、
毎日少しづつでも、裏声の練習と声帯閉鎖の練習をしていれば結果は必ず付いてくると思います。