未分類

ミックスボイスの練習方法は声帯を閉めるのがポイント

ミックスボイスとは、高音を出すことがメインとなる歌い方のことで、チェストボイスと裏声を混ぜたような声のことです。
ミックスボイスは、裏声の一種で、声帯を閉めて裏声を出していきます。
広げたままでは、息漏れしてしまい、地声よりも息が持たなくなってしまいます。
そのため、鼻の奥の空洞に、音を反響させることで、鼻腔共鳴で響きが加わったミックスボイスとなります。
練習方法としては、鼻でうめき声を作り、その音を出しながら地声で歌います。そして徐々に裏声とうめき声という順番で、声の出し方の練習をしていきます。
声は喉から出すのではなく、鼻からでているような感覚で出していきます。
この歌い方に慣れてきたら、うめき声の量を調整したり、のどを開きながら声帯を閉じることを意識しながら歌っていきます。
ヘッドボイスとミドルボイスは、両方裏声の発声ですが、違いは、声帯の閉鎖具合にあります。
通常ヘッドボイスはクラシックで使われるような、柔らかい裏声というのに対し、ミドルボイスは閉鎖を強めた裏声となります。
最初は、のどを開くとうまく閉鎖することができないかもしれませんが、練習を積んで感覚をつかむことが大切ですから、日々の練習が大事です。
ミックスボイスを出すコツは、声帯の閉鎖をねらって、確実にできるようにすることが大切です。
閉鎖がゆるんでしまうことで、抜けた弱い声になってしまいますから、ひたすら練習する必要があります。
チェストボイスからミックスボイスに移行する時には、意識して閉鎖し、区別できるようにしていきます。
フレーズ内の切り替えは、なるべく少ない方が安定しますが、どうしても対処ができない場合には、キーを変えたりするのも、一つの方法です。
高音をミックスボイスにすれば良いというわけではなく、ファルセットやヘッドボイスの方が、よく使用しますから、曲によって区別できるようにした上で、使い分けられるようにしましょう。
声帯を強めに閉鎖するため、喉にはかなりの負担をかけてしまいますから、うまく見極めた上で調整しましょう。
ミックスボイスは、裏声なのに地声で発声しているような振動があり、最初は判別が難しいかもしれませんが、練習すれば、裏声であると理解できます。
ただ、ミドルボイスを習得したからといって、どんな高音の曲も練習なしに歌えるということではありませんから、正しい練習方法で、楽譜と向き合って練習することが大切です。
特に、換声点付近は要注意です。