未分類

ミックスボイスの練習方法 ファルセットとの関係

歌が好きな人ならば誰しもが一度は耳にしたことのある魔法のような発声法「ミックスボイス」。
初めにわたくし自身ミックスボイスまたの名をミドルボイスの技法を取得しているものです。その私がミックスボイスならびにその練習方法について説明していきたいと思います。
端的に一言、ミックスボイスとはすなわちファルセットなのです。声帯をしめるとか、色々言葉だけではとても簡単ですがファルセットにより音程の低い位置から高い位置までを自在に操っている、そんな発声状態をミドルボイスと呼ぶのです。
そしてこのミドルボイスという発声状態の存在にたどりつくのは、少なからず女性より男性の方が多いと感じています。
その理由の一つにあげられるのが、ミドルボイスは地声と裏声(ファルセット)が十分に鍛えられていることが大前提とされているからです。普段の話し声は地声であるため、男性女性どちらも相当なことがない限り十分に鍛えられるといえます。しかし裏声は普段の日常生活で使用することはまずありません、ところが女性の場合に限っては、音楽の授業での合唱等で裏声で歌っていますよね。そのため男性に比べ女性の場合は裏声が鍛えられている場合が多いというのが背景に存在するのです。
このことから、ミックスボイスの練習方法をファルセットの練習方法と位置付けることができます。ファルセットすなわち裏声とは声帯が伸びていてる状態のことをいうのです。この状態をつくること、それが第一なのです。ミックスボイスに悩む多くの人は声帯がのびている状態を作る練習をしていなかったり、不得意であることが多いのです。
普段自分が頑張って出している音域の曲を裏声で歌う。これがミックスボイスへの近道です。これを続けていき十分に裏声が鍛えられたとそう感じたあなたは次のステップです。裏声と地声の境目を縫い合わせるといった表現が適切のような練習なのです。十分に鍛えられた裏声のまま高音から徐々に低音に移動していくのです。そうするとある時声がひっくりかえってしまところがあるはずです!ここが非常に重要なポイントです、この裏声と地声のどちらともうまくいかなくひっくり返ってしまうポイントこの時の喉の状態がミックスボイスの発声時の喉の状態なのです。この感覚をつかむことができたらあとはこの喉の状態のままいろいろな音を出せるようトレーニングするだけです。初めのうちはうまくいかないことも多くイライラすることも多いと思いますが、到底簡単なことではないので、気長にトレーニングしていってください。

コメントを残す