未分類

ミックスボイスにおける低音の出し方のコツ・声換点

ミックスボイスは、文字通り裏声と地声を混ぜた、ミックスした声の事を指します。通常、「高音が出ない」という悩みを抱える方に有効な発声方法。地声では発声できない音域を発声するために裏声を使いますが、地声と裏声が切り替わる位置、すなわち声換点から上の音域を地声と裏声を混ぜて使うというのが、一般的なミックスボイスの構造となります。
しかし、高音域だけでなく、低音部分もミックスボイスを使って発声する場合もあります。地声で出るんだからわざわざミックスボイスを使わなくても、と思う方もいらっしゃるかもしれません。ただ、人間の地声は高い音域に限らず、低い音域に関しても出せる範囲が限られています。
また、地声で歌い続けると喉に負担がかかりやすいため、歌っている途中で喉がかすれたり、枯れたりすることもあります。喉の負担を軽減するためにも、低い音域に関してもぜひマスターしたいところ。
そして、表現の分野でもメリットがあります。それまでずっと地声で歌っていたのに、特定の音域だけ裏声になると、声の強さや張りが突然変わってしまい、表現の面でよろしくありません。そのため、あらゆる音域をミックスボイスで歌うことができると張りや強さを変えることなく表現することができるのです。それにより、高音域でも声が裏返っていない人、上手い人という印象が得られやすくなります。それでは低音の出し方のコツを見ていきましょう。
ミックスボイスには、2種類の声換点があります。場所(音域・音程)は同じですが、上から下(下降)、下から上(上昇)の2種類。大抵は上昇型で悩んでいる方が多いのですが、実は下降型のトレーニングを行う方が効果的なのです。
ひょっとしたら聞いたことがある方もいるかもしれませんが、プロでも一曲通してミックスのみで歌っている方も大勢います。ミックスで低音を出すことができれば、声換点を意識せず歌えるようになります。つまり、低い音域のミックスを出し方のコツとしては、地声に近づけて一本化すること、その上で声換点の境目をなくすことにあります。
境目をなくすとは、発声のチェンジを行わないということ。ミックスが出し慣れていない方は地声の限界近くでミックスに切り替えようとする傾向があります。最初の頃はそうなりがち。
ミックスと地声は、音域の重なっている部分が多く、低音域の周辺でミックスボイスへと移行することによって境目を隠すことができます。
その際に重要なのが、地声の使い方です。声質によっても異なるのですが、大抵は地声を鼻腔に共鳴させ、あまりローの強くない状態の地声を発声をした場合、ミックスボイスへの境目がわかりにくくなるのです。要するに、地声をあまり太く保たず、響きを上の方に持ってくることによって、低音域の地声をミックスボイスの声質に近づけましょう。

コメントを残す